長岡市拠点!キャンプ・旅行・育児体験記!

新潟県長岡市在住の管理人による、キャンプ場と国内・海外のおすすめ旅行先の紹介ブログ。0歳男児の育児奮闘記も書いてます!

2018年3月 Snow peak (新潟県三条市)3回目

【キャンプ場情報】

  • 日程 : 2018/03/30(金)~2018/03/31(土)[1泊2日]
  • 場所 : 新潟県三条市中野原456
  • URL : 

    sbs.snowpeak.co.jp

  • 費用 : 1,000円(冬季価格)/人/泊 +514円(除雪代)/泊

 

【当日のスケジュール】

 「初日」

  • 11時半:出発
  • 12時半:チェックイン、設営
  • 13時:まったりモードスタート
  • 16時:夕食準備、焚火
  • 20時:キャンプ場のシャワー
  • 21時半:就寝

「2日目」 

  • 6時半:起床、食事、片付け
  • 9時:チェックアウト
  • 9時半:帰宅。

 

【キャンプ日記】

「人が少ない」

Snow peakはこの広大なフィールドがとても気持ちいい!

雪は融けてきたが、まだ寒いので全部で5家族程しかいなかった。

そのためBサイトには自分たち1家族のみ!超広々!

 

今回は12時半ごろに到着、すぐに設営(晴れていたのでタープなし)し、13時過ぎにはまったりモードへ!

f:id:chakasawa:20200408212549j:plain

広いフィールドを貸切状態

 

 

「青い空と広い大地と」

写真とタイトルの通り。この景色と、ぽかぽかの太陽と、そして片手にビール!

何もすることのない贅沢、リゾート地に来てるみたい。

ただときどき吹く風が結構冷たい。

やっぱり春先はまだ寒い。

f:id:chakasawa:20200408212552j:plain

青い空と広い大地と

 

「アヒージョ&ハンバーグ&サイコロステーキ」

久しぶりだったので、定番のアヒージョとハンバーグ。

ただアヒージョの具を、1回戦シーフード、2回戦キノコにしたら量が多く、すごくおなか一杯。

ハンバーグに加え、サイコロステーキもデミグラスソースで煮込んだので、こっちも量が多かった。

今回分かったことは、自分たちはだらだら酒のつまみとして料理を食べるので、冷めてもおいしい料理の方が望ましい。

冷めたアヒージョは油がギットリしてきてちょっと微妙だった。

f:id:chakasawa:20200408212600j:plain

アヒージョとバゲット

f:id:chakasawa:20200408212724j:plain

サイコロステーキ

 

 

「夕日と焚火」

料理も完成したら炭から薪に変更して焚火開始。

気温が低いこともあり火のぬくもりがとってもうれしい!

あったかーい。本当にあったかーい。生き返るわー。

晴れ渡っていたので日が沈むのもきれいに見えた。

この逆方向にはきれいな月も上がってきており、この日は太陽・月・星の綺麗さをひときわ感じることができた。

f:id:chakasawa:20200408212608j:plain

夕日と焚火

f:id:chakasawa:20200408212604j:plain

焚火メラメラ

 

「Snow peakの薪」

1束600円で購入可能。 この薪がかなり優秀!

薪としても長時間火が付き、その後は炭としても長持ちする!

逆に長持ちしすぎるので、どのタイミングで薪の投入を中断するかが難しいところ。

初めてのキャンプの時は寝る少し手前まで薪をくべていたので、なかなか炭の火が消えずにとっても苦労したくらいだ。

f:id:chakasawa:20200408212555j:plain

Snow peakの薪

 

薪が燃えても炭として長く長ーくあったかーい。

f:id:chakasawa:20200408212612j:plain

夜の焚火

 

 

「寒すぎて死にそう」

なおこの日の天気予報では三条市の夜の気温は-1℃。

ただSnow peakは山側なのでもっと寒かったと思われる。

夜は恐ろしく寒くなり、自分はヒートテック+セーター+パーカー+ダウン+寝袋(-5℃まで対応可能)で寝たのだが、恐ろしく寒くて何度も目が覚める。

地面からの冷たさも加わり凍える夜だった。

(次回キャンプまでにエアーマットを絶対購入しよう。)

 

 

「まとめ」

朝も起きたらタープを張っていなかったせいもあり、外に出していた焚火台、スキレット、調理台等に霜が降りていた。

防寒用品はあるに越したことはない!というのが今回の教訓!

大は小を兼ねる的な発想で考え、車でキャンプ場に行くならば、毛布・ブランケット・長袖 etc etc をもっていくべきだと感じた!

あとは天気予報は平地の情報であるため、キャンプ場は天気予報よりもマイナス5度をベースに考えておいたほうが良い!