長岡市拠点!キャンプ・旅行・育児体験記!

新潟県長岡市在住の管理人による、キャンプ場と国内・海外のおすすめ旅行先の紹介ブログ。0歳男児の育児奮闘記も書いてます!

【オススメ!】レストランガイド@ドイツ・ハノーファー(Hannover, Germany)

ドイツ・ハノーファー(ハノーバー)

 ここ数年仕事でドイツのハノーファー来ることが多いです。

ガイドブックにはあまり情報が載っていないこじんまりとした街ですので、食事情報等々を紹介して行きます。

スペルは「Hannover」、そのため「ハノーバー」と発音されることも多いですが、ドイツ語の発音だとVは濁らないので「ハノーファー」と呼ばれています。

 

 

【基本情報】

 ・人口 : 532,864人 (ドイツ国は約8,300万人。人口第11位の都市。)

・ドイツ国の中心よりやや北側に位置する。

・日本からの直行便はないので、欧州各地での乗り継ぎが必要。

・日本⇒欧州都市:12時間、欧州都市⇒Hannover:2時間、で飛行時間は14時間程度。

f:id:chakasawa:20190224211708j:plain

 

  

 【移動方法】

 ・滞在の中心はハノーファー中央駅周辺が良いと思う。

・空港 ⇒ 中央駅は、タクシー or Sバーン(地下鉄)で移動する。

 タクシー:約30分程度で、費用は30€程度。

 Sバーン:あまり乗らないのでうろ覚えの情報です。空港のターミナルの一番端にある。所要時間は20分程度で、費用は5€程。ただ30分~1時間に1本ほどしか走っていないので、時間によっては待つ事になる。あと以前、中央駅から空港に向かう際に乗ろうとしたとき、空港行きの電車にも関わらず急遽運休になったこともあったので、人の動きをよく見ておいたほうが良い。(ドイツ語でしか放送されず、電光掲示板もドイツ語のみ。)

 お金に余裕があるならタクシーが安全だと思う。

・市内の観光は近いところなら歩きで十分。こじんまりとした街なので、歩いて街を散歩するのがちょうど良い思う。

・使ったことはないが、地下鉄とトラムが多く走っているので、少し郊外に行くのには便利だと思う。

 

・ちなみに次の写真は駅に掲示されていた説明図と路線図。路線図でオレンジ色のラインの終点(S5)にあるHannover Flughafenってのがハノーファー空港のこと。

見てわかる通り、中央のでっかい斜めの四角がHannover Hbfでハノーファー中央駅なので、それほど遠くはありません。

f:id:chakasawa:20200518143735j:plain

f:id:chakasawa:20200518143738j:plain

路線図と説明書き。

 

  

【食事】

Hannoverにはアジア料理・中華料理から伝統的なバーバリアン料理いろんなおみせがあります。

マクドナルドやサブウェイ、KFCなんかもあり、食に困ることはありません。

どの店もとってもおいしいので試してみてください。

 

 ・店名 : KENIBO

  ・URL :  http://kenibo-ramen.de/

f:id:chakasawa:20190224232906j:plain

Hannover中央駅から歩いて10分で到着。

f:id:chakasawa:20190224233515j:plain

f:id:chakasawa:20190224233540j:plain

ラーメン・餃子・焼きそば等色々ある。500mLのビールが4EUR程度。

 

・チャーシューメン

この時は上記メニューのNo.49の「BBQ pork ramen」を注文した。

5mmほどの厚さのチャーシューが3枚くらい入っている。味はふつう。特別においしいわけではない。たまごのトッピング(1 EUR)も頼んだが、こちらもふつう。日本のラーメンの方が確実においしい。でも下手にパクチーとかアジアンな味付けにはなっていないので、どうしてもラーメンが食べたくなった場合はおすすめ。

f:id:chakasawa:20190224233959j:plain

 

 

・店名 : Asia Food (VIETNAM, THAI, SUSHI BAR)

 ・URL : http://www.asiafood-hannover.de/

f:id:chakasawa:20190225201006j:plain

 Hannover中央駅から歩いて10分で到着。(上述のラーメン屋と同じ通りにある。)

f:id:chakasawa:20190225201117j:plain

f:id:chakasawa:20190225201137j:plain

 ドイツにしては結構リーズナブルな値段設定で、メニューも豊富だと思う。ビールも300mLで2EUR、400mLで2.5EUR程度。

 

・アボガドロールとエビの天ぷら

店員にお勧めを聞いたら紹介されたので注文した。Avocado Maki、3 EUR。

特にまずくもうまくもなく。ただし、ガリとワサビが結構良いアクセント。久しぶりに日本的な味を食べるにはちょうど良い。

f:id:chakasawa:20190225201414j:plain

 

天ぷらとフライの違いってなんだろう?

エビせんの上に、小ぶりの上げたエビが載っている。ソースはアジア系の甘辛ソース。4 EUR。メインではなく、ちょっとしたつまみとしては丁度良い。

f:id:chakasawa:20190225201315j:plain

 

 ビール1~2杯飲みながらら、軽くつまむ程度にはちょうど良い店。にぎりなども3 EUR程度からあるので、締めに来るのもありかも。

 

 

・店名 : noosou

 ・URL :  https://noosou.de/

Hannover駅の地下街にある店。アジアンフードを販売している。お金をレジで払った後に呼び出しベルをもらう。勝手に空いている席について、ベルが鳴ったらカウンターへ。食事を受け取り、自分で箸やフォークを持っていく。食事後もセルフで食器を返却口へ戻す。日本のフードコートと同じシステム。

 

 メニューはどれも7~10 EUR程度。今回頼んだラーメンは7.9 EUR。うどんや焼きそば、寿司もある。

f:id:chakasawa:20190225203419j:plain

 

・チキンラーメン

味は日本のラーメンを期待して食べると裏切られる。チンゲン菜は許すとして、アジア系のにおいのする葉っぱが入っているので、香りと味がアジアテイストになっている。私は好きだから良かったが、パクチー系が嫌いな人には向かないと思う。あとレンゲがなく、普通のスプーンしかないので、スープが飲みづらい。欧州だし器を持ち上げてスープ飲むのもマナー的にどうかと思ったら、スープが全然飲めなかった笑

f:id:chakasawa:20190225203359j:plain

注文してから5分もあれば出て来るので、気楽にアジアテイストの料理を食べたいときには向いている店である。

 

 

・店名 : MARY´s Restaurant @ KASTENS HOTEL LUISENHOF

 ・URL : https://www.kastens-luisenhof.de/en/dining/gaumenfreuden

 Hannover唯一の五つ星ホテルであるルイセンホフの中にあるレストラン。

結構しっかりしたところだから、ジーパン+Tシャツではいかない方がいいと思う。ここにはホテルロビーとつながるバーもある。ここでは軽食メニューの注文が可能だが、頼めばレストランメニューも注文可能。混んでいる場合は、気楽に食べたい場合は、ロビーのソファーでレストランメニューを食べることも頼めば可能のようだ。

 

・シカのステーキ

写真はシカのステーキ。臭みも全くなくとてもおいしい。かなり上品な料理である。付け合せのキャベツの炒めものも、肉にピッタリな味。値段は30 EUR強なので、毎回食べに来るには高額である。でもうまい!

f:id:chakasawa:20190225210753j:plain

 

・羊のステーキ

こっちは確か羊肉のステーキ。これも絶品、値段は30 EUR弱だったと思う。

f:id:chakasawa:20190225210948j:plain

 

五つ星ホテルのレストランだけあって本当においしい。お金に余裕があるならばぜひ食べてほしい。量も他のドイツレストランに比べればかなり少なく、日本人でも食べきれる量である。ただじっくり料理しているためだと思われるが、料理の提供までにかなり時間が掛かる(人数にもよるが30分~1時間程度?)。会食やデートなどでゆっくり食事をするのにはとてもおすすめなお店。あと、値段は結構高く、メインは肉料理も魚料理も30 ~50EUR程度のものが3~4品ずつしかないので注意。高級レストランです。

 

 

・店名 : Arc en ciel 天虹酒楼

 ・URL :  http://www.restaurant-arc-en-ciel.de/

駅裏にある店で、駅から歩いて10分ほど。

治安が悪いわけではないけど、店は少ない通りなので、少し暗くて夜は怖いかも。

ただ、飯はとてもおいしい。オーナーも中国人だと思う。

中華のメニューが100品ほど有り、点心などは5~10€程度。

メインのメニューは、鳥・豚・牛・羊・魚などなど、豊富なメニューが有り、13~20€程度である。このメニューにはタイ米のライスがついてくるのでご飯が食べたい時にも重宝します。

お酒もヴァイツェン、ドュンケル、ピルスナーなどドイツレストラン標準の飲み物は揃っている。5ユーロ程度。

何度か行っているのに写真を一枚もとっていないのが残念。

なおこの前は麻婆豆腐を食べたが、肉がひき肉ではなくごろっとした牛肉で予想外だった。これが中華の標準なのか?でもすごい美味しかった!

会計を出したあとは、食後酒もサービスで提供されるところもGOOD!

 

 

・店名 : Waldgasthaus Entenfang

 ・URL : https://www.entenfang-hannover.de/

駅から歩いていくには少し遠いので、タクシー化バスで行ったほうが良い場所にある。

ちょっとこじゃれたレストラン。

伝統的なバーバリアン料理が食べれる。

春先の時期はドイツでは白アスパラガスが旬で有名である。ドイツ人もオススメしたので、シュニッツェルの付け合わせとしてオーダー。

柔らかくておいしいのだが、こんな量はいらないかな。飽きてくる。

この時期はいろんな店で白アスパラガス料理を出しているが、どれも5本も6本も大ぶりのアスパラガスが出てくるので正直後半は飽きてくる。

店全体としてはおいしいですよ。

f:id:chakasawa:20200518144932j:plain

白アスパラガスとシュニッツェルと芋

 

 

・店名 : Bavarium

 ・URL : https://www.bavarium.de/de/

ドイツ料理を食べたいときはとりあえずここによく行っていました。

中央駅からも歩いて10分程度にあるので行きやすいです。

いろんな伝統的なドイツ料理が楽しめます。

どの料理を頼んでも大量の芋(マッシュか茹でか焼きか)、又は、ザワークラフト(赤キャベツの酢漬け)がついてくるのはご愛敬。

雰囲気もワイワイしていてオススメのレストランです。

シュニッツェル等メイン料理は15-20ユーロくらいなので、価格も適正です。

あとビールも小(300ml)、中(500ml)、そして大(1,000ml)があります。

大は相当大きいですが飲みごたえ抜群!!!

(ちなみにでかいのを頼んだから割安ってわけでもなく、単純に中の2倍の値段を取られるので、あんまり頼むメリットはないです。)

f:id:chakasawa:20200518151009j:plain

1,000mlのビール。サイズが全然違う!

f:id:chakasawa:20200518151123j:plain

左から、ザワークラフト、芋団子、豚肉をとろとろに煮込んだビーフシチュー味みたいなもの。

f:id:chakasawa:20200518161052j:plain

ナックルポーク、どーん!!

f:id:chakasawa:20200518151457j:plain

超ボリューミーな肉料理詰め合わせ。超腹いっぱいになる。写真に写ってないけど、実はこの肉の下にフライドポテトが大量に敷き詰められている。

 ちなみに下記はドイツ人が見せてくれた伝統的な飲み方。大学生とかが良くやるらしい(どこの国でも大学生はバカ)。親指と人差し指でビールのグラスを挟んで持ち、人差し指と中指の間にリキュールのグラスを持つ。そしてビールを傾けて飲みながら、同時にリキュールもビールに注いで一緒に飲む感じ。やってみるとすごく難しく、リキュールが口の周りに零れ落ちてきてしまう。 しかしドイツ人はいとも簡単にやってのけた。(さすが生粋のビールバカ笑) そのドイツ人も学生の頃は、人差し指と中指の間だけではなく、中指と薬指の間、薬指と小指の間にもリキュールをもってやったりしてたらしい。笑い話だ!!!

f:id:chakasawa:20200518161137j:plain

ドイツ伝統のお酒セットもある。黒いのは黒ビールで、右のが度数の高いリキュール。

 

 

・店名 : BRUNNENHOF RESTAURANT

 ・URL : https://centralhotel.de/restaurants-bar/restaurant-brunnenhof?lang=en

駅前にあるホテルカイザーホフの地上階にあるレストラン。

ホテルに泊まるとたまにビール一杯無料券をもらえることも。

平日でも結構込み合ってる店だけあって料理は結構おいしい。

ドイツにしては珍しく魚料理も少し取り扱っている。店内に生簀があり、オーダーすると店員が生簀から魚を網で捕まえることもある。

魚は基本的にマスかサーモン。それなりにおいしい。

もちろん肉料理も豊富にあります。

f:id:chakasawa:20200518152041j:plain

白身魚をパン粉を付けてあげた感じの料理。メインの量が多すぎずちょうどよい。(付け合わせに大量のベイクドポテトが来るけど。))

 

f:id:chakasawa:20200518155253j:plain

肉3種盛り。チキンとラムとポークが含まれている。でも見ての通り、付け合わせのポテトとインゲンで料理の7割を占めている。

f:id:chakasawa:20200518155410j:plain

スープ、絶品だけどこれを飲んだらもう他の料理は食べられない。(おなかいっぱいなので。))

 

・店名 : Cafe & Bar Celona Hannover

 ・URL : https://celona.de/mein-celona/details/cafe-bar-celona-hannover-altstadt

駅から徒歩15分程、教会の近くの店。

カフェなので昼から気軽に入れる。上で紹介したKENIBOやAsia foodと同じ通りの角地にある。

外のオープンスペースでも食べることができる。中もガラス張りでよく見えるので、閉じこもっている店が不安な人にとってはオススメ。

日本のカフェでは考えられない量のしっかりとした料理が食べれる。

味も普通においしい、値段も10ユーロ強程度。

付け合わせのポテトにサラダも付いてくるのでかなりおなか一杯になる。

もちろんビールも飲めます。

f:id:chakasawa:20200518155542j:plain

カフェらしくおしゃれにサラダも盛り付けてあるけど、いかんせん量が多い。

 

 

・店名 : Cafe Extrablatt

 ・URL :https://cafe-extrablatt.de/standorte/details/cafe-extrablatt-hannover-grupenstrasse

 駅から10分くらいの歩行者天国の近くにある。外のオープンスペースがかなり広い。

いきなり中に入るのが気まずい人はとりあえず外のテーブルに置いてあるメニューで値段と中身を見てみるとよいでしょう。(どの店も似たようなメニューしかありませんが。)

どの店でも変わらない定番の味です。特別ここをおすすめするわけではありませんが、外のオープンスペースで飲みたい人にとってはいいところだと思います。

(欠点は外で飲むとなかなか店員が捕まらないことかな。)

f:id:chakasawa:20200518153859j:plain

どの店に行ってもシュニッツェルばかり食べてる気がする。でも定番の味だし、はずれがない。

f:id:chakasawa:20200518154305j:plain

ここにももちろんカリーブルストは置いてます。つまみとして最高。

 

・店名 : PAULANET AM THIELENPLATZ 

 

・URL : https://www.paulaner-am-thielenplatz.de/

駅を背にして左に5分ほど進むとすぐにつく。パウラーナーというビールメーカーのビールを扱うお店。

ここも伝統的なバーバリアン料理を出すところで、駅から歩いて行ける範囲でバーバリアン料理を少し大人数(10人弱程度)で食べたいときには、上記で示したBavariumと並んでよく利用している。

伝統的なドイツ料理がたくさん、おいしい!ボリュームもある!雰囲気もいい!

個人的にはアイスバイン(豚のすね肉をとろとろに煮込んだ料理)がオススメ!

日本のドイツ料理屋で出てくるアイスバインの3倍くらい大きい!!!

f:id:chakasawa:20200518154258j:plain

アイスバインと芋。絶品、超絶うまい、やわらかい!

f:id:chakasawa:20200518154302j:plain

ナックルポーク(豚のフライドチキンみたいな感じ)と芋。ずっしり来るがこれもおいしい。ただし少し食べずらい。

f:id:chakasawa:20200518153156j:plain

どこにでもある、王道シュニッツェルとフライドポテト

f:id:chakasawa:20200518153159j:plain

これも定番、カリーブルスト(ソーセージのケチャップカレー粉掛け)とやっぱりフライトポテト

 

・店名 : Broyhan Haus

 ・URL : https://www.broyhanhaus.de/

ここは上記で紹介したKENIBO・Asia foodと同じ通りの店で、Cafe & bar celonaのほぼ向かいに位置する。

つまり駅からは歩いて15分くらい。

ちょっと外からは中が見えづらく入りづらいかもしれないが、なんてことの無い普通のおしゃれな店。

ここも伝統的なドイツ料理が食べれる。味もおいしい。

ドイツの伝統的な食後酒(薬膳酒)も置いている。養命酒みたいな感じだけど、これ飲むと翌朝楽になった!気がする。

そしてこの店で一番驚くのは豚の生肉が食べれること。

日本人は敬遠しがちだけど、異国の食文化に触れるのはおもしろいよ!あんまり味がなくて、結局付け合わせの調味料と一緒に食べる感じ。全然おなかも痛くならなかったし、一度は体験してみては?

f:id:chakasawa:20200518161839j:plain

スペアリブ、ドーン。肉の下にはフライドポテトが敷き詰められている。

 

f:id:chakasawa:20200518161836j:plain

ポークとザワークラフトと芋団子、ドドーン。

 

f:id:chakasawa:20200518161833j:plain

そして前菜として豚の生肉!ドイツに来たら一度はお試しあれ。

 

 

 まとめ

 Hannoverはこじんまりとした都市で、歩いて行けるエリアにたくさんのレストランがあります。

どこの店もとってもおいしいです!

そしてドイツ料理店の場合はもれなくめちゃくちゃ量が多いです 笑

マイナーな都市ですが、一度遊びに行ってみては?