長岡市拠点!キャンプ・旅行・育児体験記!

新潟県長岡市在住の管理人による、キャンプ場と国内・海外のおすすめ旅行先の紹介ブログ。0歳男児の育児奮闘記も書いてます!

2018年07月 和島オートキャンプ場(新潟県長岡市)1回目

【キャンプ場情報】

  • 日程 : 2018/07/07(土)~2018/07/08(日)[1泊2日]
  • 場所 : 新潟県長岡市両高1番地
  • URL : 

    www.navitime.co.jp

  • 費用 : 4,500円/泊

 

【当日のスケジュール】

 「初日」

  • 11時:出発(すき家、コメリ、原信、ヒマラヤ)に寄り道。
  • 13時:チェックイン、設営(雨の中なのでかなり時間がかかった。)
  • 14時半:まったりモードスタート。ビール、ハイボールを飲みながらたらたら。
  • 17時:ソーセージを焼いたり、魚を焼いたり。
  • 22時:就寝。

「2日目」 

  • 7時半:起床。片付け開始。
  • 9時半:チェックアウト。
  • 10時半:帰宅

 

【キャンプ日記】

「海辺のキャンプ場」

いつも予約で満室だったが、今回初めて行けることになった! 楽しみ!

長岡からは40分程度で到着する、意外と近い。

管理人もいて、意外としっかりしているキャンプ場だった。

また売店にはカップ麺や、薪を売っている。

そしてキャンプサイトにも自動販売機やゴミ箱があり、とても便利。

Bサイトにはトイレと炊事場が1か所、Aサイトには2か所あった。

そして人区画が広々しているので十分な広さにテントを張ることが可能。

f:id:chakasawa:20200414211403j:plain

ゴミ箱もある


f:id:chakasawa:20200414211409j:plain

海のすぐそば!(キャンプサイトからは見えない)


f:id:chakasawa:20200414211415j:plain

トイレも綺麗


f:id:chakasawa:20200414211400j:plain

シャワーは200円/5分


f:id:chakasawa:20200414211406j:plain

区画は広々している

 

全体的にすごく整えられたキャンプ場であり、初心者に優しいところである。

設備も綺麗なので女性も安心して使えるところだった。

 

この日は特に大きなイベントを予定していなかったので、設営完了後は早い時間から火を焚いてだらだらモードスタート。

ただただのんびり過ごしたキャンプだった。

f:id:chakasawa:20200414211412j:plain

おさかなとソーセージをつまみに

  

 

「まとめ」

長岡からだとアクセスも良いし、初心者向けの便利なサイトである。

つまり、不自然さこそがキャンプって考えの人にはあまり向かないかもしれないけど、外で焚火して飲み食いしたいって程度のライトキャンパーにはすごくいいキャンプ場だと思う。

ぜひまた来たい。