長岡市拠点!キャンプ・旅行・育児体験記!

新潟県長岡市在住の管理人による、キャンプ場と国内・海外のおすすめ旅行先の紹介ブログ。0歳男児の育児奮闘記も書いてます!

【2020年8月!赤ちゃんと旅行!】ウェルカムベビーの宿・エンゲルグランディア越後中里@新潟県with生後10ヶ月男児

 

 初体験!ウェルカムベビーのお宿!

 

今回は生後10か月の息子との初めての泊りの旅行です。

 

今までも、数時間車で移動 ⇒ 親族の家に宿泊、というのはしたことがありましたが、完全なる旅行としての外泊は初めてでした。

 

 

- 他のお客さんの迷惑にならないかな?

- 万が一離乳食やおむつがなくなった時に帰る場所はあるかな?

- ホテルの部屋は赤ちゃんにとって安全かな?

- そもそも旅行になんて行っていいのかな?

 

 

いろいろな不安が頭をよぎりました。

 

でも、ちょうど今は家庭の状況的にも旅行に行くチャンスでもあったので、何かしらどこかに行きたい! という考えもあり、葛藤しました。

 

 

そこで見つけたのがウェルカムベビーのお宿!!!

 

ウェルカムベビーの宿とは、ミキハウスがプロデュースしており、ベビー・キッズを迎えるにあたっての厳しい検査項目をクリアした宿(しかも特定の部屋)だけが認定されるという、赤ちゃん・子供大歓迎の宿のことです。

 

facility.happy-note.com

 

 

調べてみると、本当に痒い所に手が届くような設備・サービスが施されており、安心して泊ることができそうでした。

 

そこで今回は、新潟県湯沢町にある「エンゼルグランディア越後中里」に宿泊する計画を立てました。

 

以下に、越後湯沢での観光、及び、ホテル滞在の様子・感想を書いていきます。

 

 

まずは越後湯沢観光!

 

越後湯沢ってどんなとこ?

 

我が家は新潟県長岡市にあるので、車で高速を使って1時間程度で越後湯沢に到着できます。

 

越後湯沢駅(新潟県湯沢町)は新潟県の最南端で群馬県との県境に位置しております。

 

そのため、東京からでも車で2時間程度、新幹線なら70分という高アクセスです!

(特に冬場は、ガーラ湯沢駅を下りて目の前がゲレンデのスキー場など、東京から容易にアクセスできるスキー場として有名なところですね。)

 

www.e-yuzawa.gr.jp

 

 

アルプの里

越後湯沢から歩いて10分のところにロープウェイ乗り場があります。

車で行っても駐車場があるので問題ありません(^ ^)

 

 

ロープウェイは毎時20分間隔で発車してます!

ロープウェイも5組くらいしか乗っていないので、密にならずに人との空間を確保したまま移動可能です!

 

f:id:chakasawa:20200913142740j:image

ロープウェイからの景色はこんな感じ。

山々に囲まれた街並みが見えます、絶景です。

麓側の長椅子に座れればベストな景色が観れると思います。

 

高所恐怖症の人には、全面パノラマのケーブルカーなので、常時怖いかも知れませんが。

あと、リフト券が大人は往復で2,200円もするのが、ちょっとお財布に痛いところ。

 

7分ほどで頂上に到着します。

 

f:id:chakasawa:20200913143309j:image

 

こんな感じの案内板があります。

サマーボブスレーってのがすごい楽しそう!

子供が5歳くらいになったらできるかな!?

 

今回は、赤ちゃんもいたので歩いて散策。

写真真ん中上側のロックガーデンまで行ってきました。

 

ベビーカー を押してゆっくり散歩しても、20分程度で到達できました。

 

こーゆー高原地をゆっくり散歩するのは、本当に気持ちいいですね!!!

家族とゆっくり過ごせて、仕事なんてどうでも良くなってしまいます。

 

f:id:chakasawa:20200913144239j:image

虫の鳴き声、珍しい生き物や草花、ただ歩いているだけなのに癒されます。

 

移動時間込みで大体1時間半程度で観光終了しました。

ゴーカート乗ったり、ボブスレーしたり、食事もしたら、もうプラス2ー3時間入れそうですね。

 

あと写真を撮り忘れたケド、ロープウェイの出口出たとこに、足湯があります。

 

歩き回って疲れた足を、ここで絶景を見ながらリフレッシュ!最高でした!!

 

 

 

越後湯沢駅、雁木通り!

簡単に言ってしまえば、新幹線駅のお土産広場です。

 

でもここの広場は、お土産屋や食事処もたくさんあるし、改札外にあるので、誰でも楽しめます!

 

f:id:chakasawa:20200913144912j:image

ちょっとおしゃれな雰囲気の通りで、お店が立ち並びます!

 

魚沼産コシヒカリを使ったお食事処、米麹を使ったカフェ、米粉のシュネーバル、ローカルで人気の寿司屋、蕎麦屋、ラーメン屋など、なんでも揃っています。

 

f:id:chakasawa:20200913145332j:image

また中央にはお土産広場もあります。

地域、県内の名産を購入することが可能!

 

新幹線で来た時など、最後にお土産を全て調達できるから便利ですね!

 

f:id:chakasawa:20200913145536j:image

それから観光のメインの一つはポン酒館!

新潟の地酒100種類が、500円でお猪口5杯分楽しめるところです!

その他にも醤油、味噌、お菓子などなど県内名産がめちゃくちゃ取り揃えられてます。

 

f:id:chakasawa:20200913145601j:image

ポン酒館は新潟駅、長岡駅にもありますが、越後湯沢駅が1店舗目。

力の掛け方が違います!

 

サラリーマンが酔い潰れるモニュメントが至るところに 笑

これはインスタ映えしますね!??? 笑

 

自分たちは駅の休憩所で、息子に離乳食を食べさせてから、授乳室でおっぱいをあげました。

それからお店をプラプラして、シュネーバル買って、麹カフェで一服して。

 

1時間くらい散策してました。

 

 

道の駅みつまた

ここは翌日チェックアウト後に寄ったところ。

越後湯沢駅から、17号線を三国峠方向に15分ほど車を走らせると着きます。

 

f:id:chakasawa:20200913160253j:image

 

子供が遊べる水場もあり、ちょっと休憩するには最適なとこでした。

 

何より名物のモツ煮込み丼です。

本当に美味しかった!

ここ数年で食べたモツ煮の中で群を抜いて1番でした!

 

 

 

 

エンゼルグランディア到着!!!

f:id:chakasawa:20200913150213j:image

 

越後湯沢駅から山のほうに車を10分ほど走らせると見えてくるのが、エンゼルグランディア!

ウェルカムベビーのお宿に登録されているとのことで、サービスが楽しみです!!!

 

f:id:chakasawa:20200913150345j:image

田舎に思っていたよりも大きな建物がそびえ立ちます。

大きな建物も多くないので、遠くからでも見つけられるでしょう。

 

チェックイン

受付の方々の対応がとても親切でした。

赤ちゃん連れであることを気遣っていただきました。

 

何より助かったのがチェックイン時間を早めてくれたことです。

本来は15時からチェックイン可能なのに、だいぶ早く13時半前には到着してしまいました。

 

ですが、特に問題なくチェックインできますよと、対応頂いたので、この後のスケジュールがだいぶ楽になりました。

 

部屋使えないと、着替えや荷物の整理など、いろいろと大変ですからね。

 

 

ウェルカムベビーのお宿に認定のお部屋

 

f:id:chakasawa:20200913150944j:image

さて、お部屋はこんな感じ。

 

f:id:chakasawa:20200913151026j:image

洋室と和室の二間続きです。洋室と和室の間はドアをスライドすれば閉め切れます。

 

あと写っていないですが、写真に写っている和室の反対側に、もう一室6畳の和室があります。

 

部屋がたくさんあるので、いじって欲しくない荷物とかは別部屋に隔離可能です。

 

あとは、セパレートタイプのトイレと、内風呂とシャワーもついています。

 

f:id:chakasawa:20200913151430j:image

まだからの景色はこんな感じ。

8階だったので、遮るものがなくいい景色です。

目の前に聳え立つ谷川岳が雄大で圧倒されます。

 

室内プール

トレーニングルームとプールがあるホテル内のジムに行きました。

料金は1,200円ですが、宿泊者は半額の600円で利用できます。

 

またホテルチェックアウトの時に精算する形なので、都度費用が必要ではなく、1度使用する旨をホテルに連絡したら、あとは使い放題みたいです。

お得ですね! と言っても他にもいろいろ遊ぶとこがあったため、結局一回しか使いませんでしたが、残念。

 

f:id:chakasawa:20200914202500j:plain



そしてプールのこのガラガラ具合 笑

コロナ + 平日のせいでしょうか??

 

なんと25mプールを我が家で貸し切れるというレアな体験でした。

 

プールが怖かったのか、赤ちゃんがギャン泣きしてしまったのですが、何にも気にならず、気を使う必要がなく。

 

なぜなら他に誰もいなかったからね!!!

 

プレイルーム!子供の遊び場!

ジムと同じフロアに子供の遊び場もありました。

ここももちろん他のお客さんはいませんでした!

  

f:id:chakasawa:20200914202450j:plain

いろんな遊び道具があったけど、誰もいないので、好きに使い放題!!

 

 

f:id:chakasawa:20200914202454j:plain

珍しいおもちゃがたくさんあって、じかんを忘れて楽しんでました!

 

 

アルパカ牧場

夏休みだったので、外ではウォータースライダーやバブルプールなどのアトラクションも開設されてました。

 

そのサマーイベントの一つとして、アルパカ牧場がオープンしていました。

 

f:id:chakasawa:20200913152937j:image

4匹のアルパカさんと触れ合えます。

入場料を払えば、柵の中に入れて、触り放題です。

意外と毛がゴワゴワしてます。

 

f:id:chakasawa:20200913153141j:image

餌を持ってるとどんどん近づいてきます。

(おそらく歯がないため) 噛まれることはないので、心配なく触れ合えます。

 

まだ赤ちゃんだったので、近づくと少し怯えてましたが、もう少し大きくなったらより楽しめるとこだろうなと思いました。

 

 

晩ごはん、および、朝ごはん

どちらもビュッフェスタイルの会場です。

子供たちもいろいろと選べるので楽しいですね。

 

 

f:id:chakasawa:20200914202457j:plain


そして驚いたのが離乳食も用意してくれること!

 

瓶詰めタイプなので清潔です。

それぞれのお子様の月齢に合わせた離乳食が、2種類ずつ用意されてます。

紙パックの幼児用麦茶も用意してあります。

 

離乳食がホテルに用意されているということは、旅行の荷物がかなり減りますね!

離乳食ってかさばるから、荷物になって、地味に大変なんですよね。

 

また、ビュッフェスタイルなので、大人も子供の相手しながらちょいちょいつまみながら食べれるのが楽でした。

 

私たちは、片方が赤ちゃんに食事を与え、もう片方が大人のビュッフェプレートに適宜料理を補充しておりました!

このスタイルは意外と楽なのでオススメです!!

 

お風呂場

流石に写真は撮れませんでしたが、ここもウェルカムベビー仕様になっていました。

 

男性用風呂場にもきちんと、赤ちゃん用の椅子や、ベビーシャンプーが設置されていたので、余計な荷物を持っていく必要がありませんでした!

 

お風呂は内湯と露天がありますが、どちらも40度程度なので熱すぎず冷たすぎず、赤ちゃんがつかるのにも十分な温度でした!

 

何よりお風呂もほぼ貸切状態で使えたので、周りに気を使う必要がなく、すごく楽でした!

 

売店

ホテルロビーに小さなファミリーマートさんが入ってます。

 

なので、お酒やカップ麺、つまみに、お弁当など、なんでも揃います!

 

驚くことは、この売店で離乳食、おむつ、水着用おむつ等の赤ちゃんグッズが売っていることです!

 

つまり、旅行鞄に詰めて持っていく数量を劇的に減らすことができます!

 

正直、オムツなどはどれだけ使うか読めずに、結構な予備を持っていくこともあります。しかし、オムツはかさばるので、特に移動が新幹線の場合などは荷物の量が増え超大変になります!

 

しかし、それらのアイテムをホテルで調達できるとなると、かなりの負担軽減になります!

 

かなりのグッドポイントですね!!

 

ロビーの貸出しアイテム

ここでも赤ちゃん用グッズの貸し出しがあります。

 

自分たちは哺乳瓶を洗うための専用スポンジと、洗剤をレンタルしました。

 

複数日宿泊するとなるとこの辺のアイテムも旅行に持って行かなければならず大変なのですが、それらの負担も減らすことができます!

 

チェックアウト

ウェルカムベビーのお宿認定の部屋はチェックアウト時間も少し遅くしてくれています。

 

通常10時チェックアウトなのですが、ウェルカムベビーのお宿プランだと11時チェックアウトになります。

 

朝は何かと時間がないので、これは結構助かりました。

 

チェックアウトが11時だったおかげで、あさ9-10時半の間で、前述したアルパカ牧場とプレイルームをゆっくり満喫することができました!

 

 

まとめ

結論として、ウェルカムベビーの宿は最高でした!

ウェルカムベビーのお宿のおかげで、かなり楽しく、とても満足する旅行となりました。

これはウェルカムベビーのお宿を選んだことで、赤ちゃんに関する精神的・肉体的負担が減ったことが大きな要因だと思います。

荷物の量も激減しました!

 

子供がまだ小さい時にしか体験できない旅行というものもあります!

皆さま、これを一つの機会とみて旅してみてはいかがでしょうか?

 

Enjoy your trip with your baby!!!